日本歴史占い
理想の自分を心中高く掲げて日々努力する人です。話術に長け、相手の呼吸を的確に読んで間をとり、相手を魅了。その裏にあるのが、強大な自尊心。相手にどう見られているのかを過剰に意識しています。艶名をあげた吉野太夫は、稀代のモテる女でした。女遊びをし尽くした京の豪商も、まさにぞっこん。美貌に加え、茶、和歌、舞、香道等の諸芸に秀でていなければ、最高位の太夫は張れません。ただ、飽きっぽいので注意。
頭脳・知識
何事も優先順位をつけて段取りよくこなせるタイプ。たくさんの情報をインプットする能力にも長け、情報を頭の中で駆け巡らせて必要な要素だけスッと出す器用さも。
センス
とにかくオシャレ。衣食住から、パートナーとする男性にいたるまでスタイリッシュでなければ気がすまない。「今っぽい」自分でありたいために、どんな無理もするナルシスト。
感情
自意識過剰な言動が、そのまま個性になっている。「ホメて!」と顔に出ているので、ある意味、わかりやすくていい人。プライドの塊だから、本音をぶつけられると大いに傷つく。
外見・言葉
理想を目指してガンバッテいる自分と、高い理想に押しつぶされそうなもう一人の自分が常に戦っている。心の揺れが大きいので、そのスキにつけ入られて痛い目にあうこともある。
行動
いいナと思ったこと、自分にプラスになりそうなことにはすぐに飛びつく。趣味・習い事などは数限りなく遍歴するタイプ。飽きっぽいだけだが、それを悪いとは思っていない。
戻る
 


 

占いTOPに戻る>>

ピックアップ

ピックアップ

 
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.