トップ  >  占い  >  タロット占い
ログイン(エキサイトID) 新規登録ヘルプ
タロット占い

★★★ タロットカードの歴史 ★★★

神秘的な魅力を秘めたタロット占い。この占いの発祥の地は、エジプトともイタリアとも中国、インドとも言われますが、 その謎はいまだ解明されていません。

タロットは22枚の「大アルカナ」と、56枚の「小アルカナ」から成り立っていますが、この二つが最初からひとつのものとして創り出されたのかどうかも意見が分かれています。

おそらく「小アルカナ」はインドに発祥したチェスのようなゲームから発達したものでしょう。これに対して「大アルカナ」の方は、 その絵柄から見て、ヨーロッパで作られたものである可能性が高いようです。

現存する最古のタロットカードは1392年に描かれたものですが、大アルカナ自体がそれ以前から存在していたことは確実と見られ、おそらくその起源は古代世界のさまざまな叡智を受け継ぐキリスト教の異端である「グノーシス主義」の思想を視覚化した図像にあるのでしょう。

こうしたことから、特に大アルカナはヨーロッパ隠秘学思想との親和性が高く、多くの秘密結社や魔術団体が、その教義の中にこれらの図像を採り入れてきました。

いずれせよ、タロットにまつわるこうした多くの謎が、かえってタロットの神秘性を増していると言えるでしょう。





 

占いTOPに戻る>>

ピックアップ

ピックアップ

 
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.