占いトップ  >  占い師名鑑  >  白狐
ログイン(エキサイトID) 新規登録ヘルプ

占い師:白狐

占い師紹介

プロフィール 独特の鋭い感性と、相手を思いやる繊細さを持ち、老若男女問わず人気の高い今注目の占い師。
穏やかな口調ながらも、視えたままを濁すことなくハッキリと伝える鑑定に、相談者からは「白狐先生の鑑定は前向きになれる!」「スッキリ感が半端じゃない!」と、絶賛の口コミが相次いでいる。
某SNS占い「悩み相談所」では、登場してから超短期間で、他のベテラン占い師たちを押しのけ、堂々1位を獲得。 大手電話占いの占い師としても活躍中。「何も聞かずに当てられた」「話す前に当てられた!」など、噂が噂を呼び、鑑定予約が取れないほどの人気占い師である。

  • メッセージ
  • 「魂が元気になれば 身体も心も元気になる」
    私はあなたの魂と話をします。あなたの思っている「自分」と、本来もっている魂のすがた。

    どうしてこんなに苦しいのか。
    どうして自分だけこんな目にあうのか。

    答えはあなたの魂の中にあります。

    あなたはもっと自分を大事にしてあげられる人です。悩みがあるうちは輝けません。
    今のあなたの悩み、私と一緒に手放しましょう!

白狐監修占い一覧

 1 2  次へ≫

SNSで出逢った彼。あなたへの愛着度/執着度/本気度◆リアルな恋結末

SNSで出逢った彼。あなたへの愛着度/執着度/本気度◆リアルな恋結末

時代が変われば出会いの方法も変わるわ。とはいえ、やっぱりSNSでの出会いって、ちょっぴり特殊。だからあなたも、不安、なのよね。でもね、安心して。幽体は真実を語るから。本当のあの人を教えてあげる。

臆病な人なのね【実はあの人が知りたいあなたの本音】、伝えたい想い

臆病な人なのね【実はあの人が知りたいあなたの本音】、伝えたい想い

あなたがあの人の心の中を覗いてみたいと願うように、あの人も、あなたの心の中を知りがってる。でも……それと同時に、怖いみたい。真実を知ることで二人の関係が大きく変わることを知っているのでしょうね。

視えたままの現実よ。あの人の中のあなたの立ち位置/甘えと愛情/執着

視えたままの現実よ。あの人の中のあなたの立ち位置/甘えと愛情/執着

あなたが想像している以上に、あなたの存在はあの人に大きな影響を与えているわ。あなたがいることで感じる幸せ、そして、あなたがいるからこそ生まれてしまう執着心。甘え。愛情。全部あなたのせいなのよ。

毎日忙しいあの人。本当はあなたと【今スグ逢いたいor距離置きたい】

毎日忙しいあの人。本当はあなたと【今スグ逢いたいor距離置きたい】

忙しいのは本当かもしれないけれど。忙しいあの人の言う「落ち着いたらご飯いこう」「時間が出来たら連絡する」――この台詞は、はたしてそのまま信じて良いのかしら。あの人の幽体に本音を問いただしてみましょう。

もう待たないでいい。あの人はあなたの愛を【受け入れるor拒絶する】

もう待たないでいい。あの人はあなたの愛を【受け入れるor拒絶する】

いっぱい泣いて、いっぱい苦しんで、あなたはもう十分頑張ったわ。辛かったでしょう。もう、いいのよ。もうあの人を待ち続けなくていいの。あの人のことで悩むのは終わり。だってこの恋は……

私に本気?◆あの人の中であなたは【既に恋人or恋人未満】本心ズバリ

私に本気?◆あの人の中であなたは【既に恋人or恋人未満】本心ズバリ

相手の態度や、言葉、行動……様々な要素から、あの人の真意を知ろうとしているようね。でもね、態度も、言葉も、行動も、いくらでも嘘をつける。だから私は訊くの。幽体に。あなたも聞きたいこと、あるのでしょう?

私たち付き合ってるの?◆あの人の本音/あなたに会わせたい人/1年後

私たち付き合ってるの?◆あの人の本音/あなたに会わせたい人/1年後

ハッキリしないあの人の態度、ハッキリしない関係。そこにある真実と向き合う覚悟が、あなたにあるのなら……「私たち付き合ってるの?」――聞きたくても聞けない本音を、幽体に問うてみましょう。

2021年、何が起こってどうなる?【幽体が見たあなたの未来】特別鑑定

2021年、何が起こってどうなる?【幽体が見たあなたの未来】特別鑑定

2020年。本当に大変な1年だったと思います。この先、世界がどうなるのか、不安もあるでしょう。そんな今だからこそ、自分自身の未来を知っておくべきかもしれないわ。あなたの幽体が見た未来、お話しさせて。

見極めどきよ。こじらせた片想い【成就or玉砕】あの人の決定的な本心

見極めどきよ。こじらせた片想い【成就or玉砕】あの人の決定的な本心

「こじらせた片想い」というキーワードがあなたの目に飛び込んできた、それはつまり、あなたの幽体、つまりあなたの無意識が、今この鑑定を必要としているということなのよ。自分自身の声を、無視しちゃだめよ。

勘違いしてるわ。この恋【実は進展中orもう手遅れ】◆結末までズバリ

勘違いしてるわ。この恋【実は進展中orもう手遅れ】◆結末までズバリ

あの人の気持ちは、すでに固まっているようね。そして、この恋の結末も……もう誰にも変えられないわ。些細な勘違いが、あなたの大きな後悔に繋がらぬよう、幽体に訊いた真実をあなたにハッキリとお伝えします。

諦めたいなら見ないで。あの人が”あなたと”見たい景色、求める関係

諦めたいなら見ないで。あの人が”あなたと”見たい景色、求める関係

「ハズレたらショックだから」といって、宝くじの当選番号を確かめない人がいたら、あなたどう思う? 当たってるかもしれない、確かめたほうが良いって思うでしょう? あなたの恋も同じ。両想いかも、しれないわ。

曖昧な関係に待つ未来◆あなたはあの人に【愛されるor突き放される】

曖昧な関係に待つ未来◆あなたはあの人に【愛されるor突き放される】

たとえ曖昧なまま、モヤモヤを抱えたままでも、一緒にいられるなら、それでいいと……本当にそう思うの? それであなたは……本当に、幸せ? 壊れてしまうのが怖いのは、あの人も一緒かもしれないわ。

忘れたほうがいい? 距離できたあの人の率直な想い◆実は好きな異性

忘れたほうがいい? 距離できたあの人の率直な想い◆実は好きな異性

連絡が減った、なかなか逢えなくなった、素っ気ないような気がする……好きなあの人との間に、距離を感じているのね。決定的な何かがないまま、終わりになんて、できないわよね。わかった。真実を教えてあげる。

今が引き際なのよ。長すぎた片想い◆あの人があなたに出す答えと結末

今が引き際なのよ。長すぎた片想い◆あの人があなたに出す答えと結末

たくさん悩み、迷い、不安を抱え苦しんできたのね。でも、そんな日々ももうすぐ終わるわ。あの人の今の想い、ずっと想い続けてきてくれたあなたに出す答え、そして、恋の結末。幽体が明かす真実をどうか受け止めて。

苦しい恋が終わるわ。あなたがあの人を【本気にさせたor冷めさせた】

苦しい恋が終わるわ。あなたがあの人を【本気にさせたor冷めさせた】

勘の鋭いあなただから……二人の関係や未来に、以前とは違う「何か」を感じているのではありませんか? ええ、その勘は当たってます。でも、あの人を変えたのが「自分」だとは、気づいていないようですね。

駆け引きなんて意味ない【決着は○○な関係】あの人のあなたへの答え

駆け引きなんて意味ない【決着は○○な関係】あの人のあなたへの答え

もう全て決まってるの。あの人の気持ちも、あなたの真剣な気持ちに対する答えも、二人の最終的な関係も。全部。だからもう、何もできることはない。何をしても、定められた二人の運命は……もう、変えられないの。

追い続ける意味ないわ。【3年後、あの人と結婚してるのは●●さん】

追い続ける意味ないわ。【3年後、あの人と結婚してるのは●●さん】

未来は変えられる。だけど、この恋においては……どうやら難しそう。だって、あの人の決意は固いから。自分の一生を、捧げる覚悟を決めたのよ。そう簡単には覆らない。だからもう、あなたは追わないで、いいの。

私、距離を置かれてる?【もう脈ナシor実は両想い】相手の本音◆結末

私、距離を置かれてる?【もう脈ナシor実は両想い】相手の本音◆結末

あなたとあの人の恋……あなたは、何も進展がない、変化がないと思っているようだけど、どうやら実際のところは違うみたい。あなたの知らないところで、あの人の気持ちも、恋の現状も変化していたようよ。

勘違いしてるわ。あなたは彼に【大事にされてるor少し冷められてる】

勘違いしてるわ。あなたは彼に【大事にされてるor少し冷められてる】

あの人の気持ちや、この恋の行方……なんとなく心の中で、決めつけちゃっているんじゃないかしら。でも、その思い込みが、この恋の進展を邪魔しているとしたら? 後で後悔しないよう、大事なことお伝えするわ。

告白なんて意味ないわ。彼は既に【あなたor他の異性】に心奪われてる

告白なんて意味ないわ。彼は既に【あなたor他の異性】に心奪われてる

あの人のことが好きすぎて、好きな気持ちが大きすぎて、胸が苦しくて、爆発しそうで、「いっそ告白」なんて考えているとしているなら……ちょっと待って。あなたの幸せのために、伝えなきゃいけない現実があるの。

焦っちゃだめ。彼はあなたを【異性としてor人として】好き◆最終関係

焦っちゃだめ。彼はあなたを【異性としてor人として】好き◆最終関係

些細な行動や言動が、恋の風向きを一変させることがあるわ。だからこそ、焦りは禁物。とはいえ、怖がる必要なんてないの。あの人の本心を知れば、恋を成就させるための「最善の選択」もおのずと見えてくるものよ。

手放したって良いの。この恋【想い続けるor身を引く】◆最終見極め占

手放したって良いの。この恋【想い続けるor身を引く】◆最終見極め占

あの人のことが大好きだから、つらいのよね。しんどいのよね。でもね、我慢しないでいいって、あなたの幽体は言ってる。あなたの幽体は知ってるの。恋への執着、苦しみを手放した先、あなたを待つ【本当の幸せ】を。

器用じゃないの。彼の優しさは【恋心or下心】◆二人が付き合う可能性

器用じゃないの。彼の優しさは【恋心or下心】◆二人が付き合う可能性

世の中にはね、いわゆる小悪魔って言われるような人もいれば、気持ちが行動に表れちゃう、純粋で、真直ぐな人もいるわ。ええ、あの人は後者。あの人があなたに見せる優しさ、それは「ある意味」嘘がないものよ。

認識が違うのね。あの人はあなたと【結婚前提or遊び】の恋がしたい

認識が違うのね。あの人はあなたと【結婚前提or遊び】の恋がしたい

どうやら二人の現状は、あなたが考えているのとはちょっと違うみたい。あの人の幽体が教えてくれたわ。あの人が考える、あなたとの「今後」について、あの人の幽体にもっと詳しく訊いてみましょうね。

彼、本気で恋してる。お相手は【あなたor別の誰か】◆二人の最終関係

彼、本気で恋してる。お相手は【あなたor別の誰か】◆二人の最終関係

ずっとあの人を見てきたあなたなら、気づくはず。あの人が“ある一人の異性”を想い、眠れぬ夜を過ごしていることに。ええ、あの人、恋してる。あの人の瞳を、心を、捉えて離さない“ある異性”、それはね……

彼はまだ迷ってる。あなたへ言えない本音◆今、心を占める大切な異性

彼はまだ迷ってる。あなたへ言えない本音◆今、心を占める大切な異性

彼の表情や仕草から、あなたも何となく感じ取っているかもしれないわね。あの人の心の中にある、迷い。葛藤。不安……。そして、あなたにどうしても言えずにいる本音。あの人の心の中、全部――視せてあげる。

間違えないで。彼があなたに望むのは【もっと深い関係or今のまま】

間違えないで。彼があなたに望むのは【もっと深い関係or今のまま】

この恋、ハッキリ言って今が正念場と言っても過言ではないわ。だからこそ、あの人があなたにどんな関係を望んでいるのかを知る、それが恋の成就への近道となるはずよ。たとえあなたの望みとは違っていても……。

動いちゃダメよ。彼は今【●●さんにマジ惚れしてる】あなたへの答え

動いちゃダメよ。彼は今【●●さんにマジ惚れしてる】あなたへの答え

自分から動かなきゃ何も始まらない、なんて言うけれど、恋愛に関しては必ずしもそうとは限らないわ。とくに、今は、動かないほうがいいって……あなたの幽体が言っているの。その理由を幽体に訊いてみましょうね。

待ってていい?◆動かなければ、やがて彼は【あなたor他の女のモノ】

待ってていい?◆動かなければ、やがて彼は【あなたor他の女のモノ】

【片想いは嫌だけど、今の関係を壊すのが怖くて動けない……】その気持ちはわかるけど、あなたが寝ている間も世界が動いているように、あなたが動けずにいる間も、片想いの状況は刻一刻と変化しているのよ。

覚悟して。あなたは彼からもうすぐ【告白orフェードアウト】されます

覚悟して。あなたは彼からもうすぐ【告白orフェードアウト】されます

なんとなく予感、しているんじゃないかしら。あの人があなたに何を望むのか。この恋がどんな結末を迎えるのか。それはきっと、あなたの幽体から、あなたへの忠告。そして、運命からは逃れられないという、宣告。

彼女or親友orそれとも……?◆彼があなたに求める関係⇒次取る行動

彼女or親友orそれとも……?◆彼があなたに求める関係⇒次取る行動

「あの人と恋人同士になりたい」――あなたのその想いは一方通行なのか、それとも……。あの人の中にある、あなたへの真剣な想いから、ちょっと危険な本音まで、幽体に訊けば全てわかってしまうのよ。覚悟はできた?

気のせいじゃないわ。前と違う彼【あなたに冷めたor本気になった】

気のせいじゃないわ。前と違う彼【あなたに冷めたor本気になった】

あなたにも経験があるんじゃないかしら。それまで何とも思っていなかった異性を、ある瞬間、異性として意識するようになり、そのせいでそれまでみたいに接することができなくなった……。あの人ももしかすると……。

察してあげて。彼はあなたに【愛されたいor離れていってほしい】結末

察してあげて。彼はあなたに【愛されたいor離れていってほしい】結末

あの人に真実を問うたところで、答えるわけがないわ。でもね、あの人の「幽体」に訊けば、何もかも答えてくれる。幽体は嘘をつかないもの。ただし知りたくないことまで答える可能性はある。それでもいいなら……

薄々感じてるわよね【彼の本当の気持ち】もうすぐ訪れる変化⇒恋結末

薄々感じてるわよね【彼の本当の気持ち】もうすぐ訪れる変化⇒恋結末

あの人の態度や、言動、それに……あなたへ向けるあの表情を見れば、嫌でも気づいてしまうんじゃないかしら。だけど、確信が持てないのでしょう。それなら私が、この恋の現実、一つ残らず見せてあげる。

もう頑張らなくていいわ。あなたの執着を断つ、あの人の本音◆恋結末

もう頑張らなくていいわ。あなたの執着を断つ、あの人の本音◆恋結末

あの人を想い続けて、ちょっぴり……ううん、だいぶ心がへとへとになってしまってるようね。でもね、もういいのよ。あなたはもう苦しむことはない。あなたを苦しめているモノを、私が全て断ち切ってあげるから。

まだ手放しちゃだめ。進展ないあの人との関係【現実⇒本当の恋結末】

まだ手放しちゃだめ。進展ないあの人との関係【現実⇒本当の恋結末】

苦しくて、諦めたくて、でも諦められない。それはね、あなたには見えていない恋の未来が、あなたの幽体には見えているから。そして、この恋の「可能性」に気づいているから。諦める必要はないって、わかってるから。

自覚ないのね。あの人にとってあなたは【1番好きな人orその他大勢】

自覚ないのね。あの人にとってあなたは【1番好きな人orその他大勢】

あの人があなたに抱く感情、想い……とっても強いものだから、あの人の幽体とつながった瞬間、私の中に流れ込んできたのよ。あなたも私とつながれば、きっとそれらを嫌でも知ることになるわ。さあ、覚悟はできた?

鈍感なのね。【彼は今、〇〇さんにハマってる】あなたへの本音◆結末

鈍感なのね。【彼は今、〇〇さんにハマってる】あなたへの本音◆結末

あの人の幽体が教えてくれたわ。今誰に心奪われているのか。自分がどれほど強い想いを抱き、この先その相手とどんな関係になりたいのか……。知ればすべてが終わるかもしれない。でも、同時に「始まり」でもあるの。

彼も関係壊すのが怖いのよ。あなたに言えなかった想い◆実は望む関係

彼も関係壊すのが怖いのよ。あなたに言えなかった想い◆実は望む関係

あの人だって人間よ。心の中に「恐れ」が存在する。あの人が今何を恐れているのか、それは、自分の本音をさらけ出すことであなたとの関係が壊れてしまうこと。関係を壊す可能性がある本音……知る勇気、ある?

つけいる隙ないわ。今あの人は〇〇さんに心奪われてる◆この恋の結末

つけいる隙ないわ。今あの人は〇〇さんに心奪われてる◆この恋の結末

あなたもなんとなく感じているんじゃないかしら。最近あの人のオーラが以前とは少し違うって。ふわふわと、柔らかい……。それはね、あの人が恋をしている証拠。一体そのお相手は誰なのか、幽体に訊いてみましょう。

長い片想い、終わらせてあげる。彼が隠し続けた想い/リアルすぎ結末

長い片想い、終わらせてあげる。彼が隠し続けた想い/リアルすぎ結末

覚悟を決めたあなたにこそ知ってほしい、あの人がずっと隠してきた“本当の気持ち”。あなたのことをどう想って、どんな未来を求めているのか――。ついに来たのよ、すべての真実を知り片想いに決別するときが。

これが現実。彼が動かないのは【実はあなたを好きor対象外】だから。

これが現実。彼が動かないのは【実はあなたを好きor対象外】だから。

「想いを伝えることで、今の関係が壊れてしまうのが怖い」――想いの強さゆえの感情ね。あの人の場合はどうなのかしら。あなたを好きすぎるあまり、動けずにいるのか、それとも……。幽体に訊いてみましょう。

思ってた通りよ。あなたはあの人に【本気で愛されてるor今はキープ】

思ってた通りよ。あなたはあの人に【本気で愛されてるor今はキープ】

恋って、予想通りにいかないことが多いけれど、今回ばかりは……思ってた通りの現実が待ち受けているわ。あの人の心の中にある、あなたへの好意。それは本物の愛なのか、まやかしなのか……幽体が教えてくれたのよ。

思い込みは捨てて。彼はあなたに【迷惑or執着】してる◆結末ズバリ!

思い込みは捨てて。彼はあなたに【迷惑or執着】してる◆結末ズバリ!

「どうせ私なんて眼中にない」「きっとあの人も私を好きなはず!」――あなたが想像するあの人の気持ち、それは思い込みかもしれないわ。真実と向き合うために、あの人の幽体に本当の気持ちを訊いてみましょう。

【ゾッコンorお気に入りor対象外】あの人のあなたの格付け⇒恋結末

【ゾッコンorお気に入りor対象外】あの人のあなたの格付け⇒恋結末

いくら仲が良くても、それがイコール「異性として好き」だからとは限らないわ。逆に表面上はそれ程親しくなくても、心に「好き」を隠している場合もある。あの人はどうなのか、幽体に正直な本音を聞いてみましょう。

 1 2  次へ≫

上へ戻る